fc2ブログ
メンバー紹介

沖縄研究所

Author:沖縄研究所
taka/研究所責任者
aki/部長・3児のパパ
reina/新婚さん
ai/お局・唯一の事務員
chinatsu/天然
youko/居酒屋好き

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

あなたの町の天気予報

月別アーカイブ

研究所ブログ
研究所からライフサイエンス関連のちょっとした話題を綴ります。
熱中症               from;reina
毎日うだるような暑さが続いています。
屋内で仕事をする人はクーラーがあるのでいいのですが、
この季節に外回りや外で仕事をしている方を見ると、ほんと頭が下がります。
この日差しのなか、無謀にも離島への旅行やビーチパーティーを計画している、reinaです。

夏になると毎年耳にする「熱中症」。
体温が下がらず発症するもので、屋内でも発症することがあるということは
なんとなく知っていたのですが、詳しいメカニズムは知らなかったので、調べてみました。

まず、熱中症というのは4つに分類されるようです。

1,熱失神…めまいや失神したりすることで、血管が拡張し血圧が下がることで起こります。
2,熱けいれん…暑いなかでの運動や作業中に痛みを伴うけいれん。汗とともに塩分が流れ出て、血液中の塩分が低くなりすぎることで発症。水を飲むより、スポーツドリンク等がおすすめです。
3,熱疲労…たくさんの汗をかき、皮膚は青白く、体温は正常かやや高めで、めまいや頭痛、吐き気、倦怠感を伴う。体内の水分、塩分不足が原因で、熱射病の前段階。
4,熱射病…汗はかいておらず、皮膚は赤く熱っぽい。体温は39℃を超えることが多く、
上記の症状に加え意識障害がでることもある。水分や塩分不足から体温調節機能に異常が出た状態。死に至ることもあり、救急車を手配する必要がある。

なぜ、上記のような症状が出るのかというと、
私たちは普段から、皮膚の表面から空気中へ熱を逃がしたり、汗をかくことで汗が蒸発するときの気化熱を利用して、体温調節をしています。
熱は、高いところから低いところへ移動しますが、体温よりも外気温が高いと、体内の熱の
行き場がなくなってしまいますね。体の熱を空気中に逃がすことができなくなってしまうのです。
そのため、発汗による体温調節に頼ることになるのですが、外気の湿度が75%を超えると、
まわりの湿度が高いために、汗はただ流れるだけで蒸発することができなくなります。
こうなると、気化熱も利用できなくなり、体温はどんどん調節出来なくなってしまうのです。
これが、熱中症のメカニズムです。
ですから、温度が高くなる屋内でも起こりうるわけですね。
汗とともに体内のミネラル分も流れ出ます。水ばかりをいくら飲んでもミネラル分や塩分を
補うには足りません。スポーツドリンクを用意してください。
少しでも「めまい」「頭痛」が起こったら、無理をせずに休憩が必要です。
とくに、お子様は遊びに夢中になると自分で判断出来ませんので、
まわりのきちんとした観察が必要ですよ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dnabank.blog81.fc2.com/tb.php/183-2c035dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熱中症

熱中症熱中症(ねっちゅうしょう、Hyperthermia)は、外気においての高温多湿等が原因となって起こる症状の総称。熱中症の種類病態の違いから以下の4つに大きく分類される。*熱失神(heat syncope)*熱疲労(heat exhaustion)*熱痙攣(heat cramps)*熱 あんの部屋【2007/08/08 06:18】
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

FC2カウンター

ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

メールフォーム

今さら人には聞けない事など、ライフサイエンス関連のご質問をどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: