fc2ブログ
メンバー紹介

沖縄研究所

Author:沖縄研究所
taka/研究所責任者
aki/部長・3児のパパ
reina/新婚さん
ai/お局・唯一の事務員
chinatsu/天然
youko/居酒屋好き

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

あなたの町の天気予報

月別アーカイブ

研究所ブログ
研究所からライフサイエンス関連のちょっとした話題を綴ります。
ES細胞研究の差し止め
iPS細胞の話題が中心となり、最近あまり聞かなくなったES細胞。
万能細胞とも呼ばれ、どんな細胞にも分化することのできるマルチ細胞です。
心筋をつくれば心臓が、神経細胞にさせれば脳の一部が、肝細胞をつくれば肝臓が等々、
目的の臓器を培養で作ることができれば、臓器移植の問題も一気に解決することができる技術です。

ただし、このES細胞を作るのには「受精卵」が必要となります。

人は何時から人なのか。

哲学的なこの題目、卵子と精子が合体した時を人とすれば、ES細胞を作るのには人の命が必要と言うことになります。

この辺の問題に非常に敏感な米国。
ブッシュ政権ではES細胞研究は完全に凍結。キリスト教右派の影響が大きいようです。
しかしオバマ政権ではこの影響目少なく、事実上研究凍結は解除され、研究は推進されていました。

が、ここにきてまた連邦地裁が仮差し止め命令。
キリスト教右派の医師団が求めたそうですが、このままではとても解決の道があるようには思えません。

まあ、おそらくこんなやりとりを続けているうちに、他の手段でES細胞かそれに変わる細胞が開発できるようになります。
すでにそれに近い技術発表もありますし。


バイオテクノロジーは必ず倫理観という壁にぶつかります。
研究者のエゴでこの壁を越えてはなりませんが、無闇に壁を高くすることも、それを待っている患者さんへの不利益となりかねません。

現在のような問題の主要因に、情報開示の少なさ、つまりは国際的な知的財産権の保護のありようがあるのではないでしょうか。
この辺を国際的にきちんと解決しないと、いつまでたっても変わらないでしょうね・・・
スポンサーサイト




カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

メールフォーム

今さら人には聞けない事など、ライフサイエンス関連のご質問をどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: