fc2ブログ
メンバー紹介

沖縄研究所

Author:沖縄研究所
taka/研究所責任者
aki/部長・3児のパパ
reina/新婚さん
ai/お局・唯一の事務員
chinatsu/天然
youko/居酒屋好き

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

あなたの町の天気予報

月別アーカイブ

研究所ブログ
研究所からライフサイエンス関連のちょっとした話題を綴ります。
沖縄のうなぎ
沖縄の湿地などに生息している絶滅危惧種「琉球タウナギ」。
内地(日本本土)や東南アジアにもいるそうですが、
この度遺伝子解析によりこの琉球タウナギは固有の種であることが判明しました。

なんでも570万年ほど前から分化し、独自に進化をしてきたとか。
沖縄で生活していると、内地とのカルチャーショックが大きいですが、
このうなぎも内地とは異なる文化を持っているのですね。。


でも、最近は沖縄も開発がすすみ、湿地などもへっているので、
生息地域が急激に減っているそうです。
研究所の近くにある「泡瀬干潟」も世界有数の干潟ですが、
なんでも一部を埋め立てる方向だとか。。

人間生活の利便性・経済の発展と、生物との共存。
難しい問題ですね。

蛇足ですが、今週からはじまった「美味しんぼ」の新シリーズの舞台が、
この泡瀬干潟でした!!
テーマは環境問題だそうです。(・・・料理の漫画なのに)
スポンサーサイト



紫の菊
紫菊

食品産業技術総合研究機構とサントリーホールディングスは、このたび共同研究でキクに青色色素「デルフィニジン型アントシアニン」を蓄積させる方法を開発したそうです。

みなさん、菊の色って何色があるかしっていますか?
私は白、黄色、オレンジ、赤くらいしか知りませんでしたが、緑や赤紫、ピンクなんてのもあるそうですね。

でもこれらはすべて「赤系」のもので、青や紫といった「青系」の菊は、従来の品種改良方法ではつくることができません。
そこで「遺伝子組換え技術」を利用することにより、青系の遺伝子を導入し、この度青や紫の菊が作れるようになったとのことです。

ちょっと前に出てきた青色のバラ(びみょーな青でしたが・・)も記憶に新しいですが、菊もやっぱり青になるんですね。

ふと思うのは、この様に新しい技術でできた新しい花の花言葉って、だれがどのようにして決めるのでしょうか??
ブタゲノム
豚のゲノム解析がそろそろ終了しそうです。
ヒトのゲノム解読完了のニュースはまだ記憶に新しいところかも知れませんが、
その他にもウシ、馬、ニワトリなどは解読が終了しています。

で、豚のゲノムを解読してどうするのかということですが、
1つは家畜として非常に重要な動物ですので、肉質や生産の工場など、畜産の側面から、
そしてもう1つは実は医療の側面から期待されているのです。

豚は臓器の大きさや生理現象がヒトのそれと比較的似ているので、
実験動物としての利用(ヒトの臨床試験に近い)ができ、
さらにはドナー不足で問題になっています臓器移植の際の臓器提供側として利用しようという研究も進んでいます。

免疫を抑制する為の手法など、まだまだ課題は多いですが、
将来もしかしたら豚は家畜ではなく医療用動物として重要な地位を占めているかも知れませんね。

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

メールフォーム

今さら人には聞けない事など、ライフサイエンス関連のご質問をどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: